TOP MESSAGEトップメッセージ

2022年10月、タカラレーベンは持株会社体制に移行し、
「MIRARTHホールディングス」として新たな一歩を踏み出しました。

「サステナブルな環境をデザインする力で、人と地球の未来を幸せにする。」を
私たちのパーパスに掲げ、その中でもレーベンホームビルドは、家や建物を「つくる」ことを通じて
「人と地球の未来の幸せ」に貢献していきたいと志しております。

戸建分譲事業においては、高品質な住まいづくりを通じて
長期の安心をお届けできる自社開発・自社施工の一貫体制にこだわってきました。

「お客さまに理想の住まいを提供する」ということは、住まいそのものをつくって終わりではなく、
お客さまの人生を見つめ、住まいの保障を提供し続けることにほかなりません。

10年延長保証などのアフターサービスをはじめ、お客さまのライフスタイルの変化へも対応すべく
リフォーム事業にも本格参入しております。

これからも、お客さまに安心していただけるパートナーであることを目指してまいります。

建設事業においては、横浜・東京エリアを中心に
関東全域で賃貸住宅や分譲マンション、商業施設、老健施設、保育園など
あらゆる分野の建物を請け負ってってきました。施主様のご要望に高次元でお応えし、
土地有効活用事業においても新しい時代にあった付加価値を提案していきます。

「もの」をつくるだけでなく、
その先にある皆さまそれぞれの「物語」や「幸せ」をつくる、
生活価値・社会価値の創造へ。

これからも「レーベンホームビルド」に、是非ご期待ください。

株式会社レーベンホームビルド
代表取締役社長
有田 卓二